04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--/--/-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

覚書き-1(手術を決めるまで) 

ソラの膝の皿(膝蓋骨)が外れる!?と感じたのは、1歳のお誕生日を迎える少し前でした。

140205_a_sola03

いつものように朝食が済んで、デイソラのバトルを楽しむ気配を感じながら後片付けをしていると、突然「キャイン!…」という悲鳴。
私はどちらかと言えば、デイジーに何かあったのかとドキッ!Σ(゜ロ゜;)!!
デイジーは13歳という高齢で、変形性脊椎症(老化によるもの)を患っていて、月に1~2回のレーザー治療に通院中でしたから。
でも慌ててデイソラのもとへ行くと、デイジーは普通に立ったまま。そしてデイジーの側には、床に伏せて固まっているソラがいたのです。悲鳴を上げたのはソラでした(>_<)

「ソラ、おいで...」と呼ぶと、ゆっくりと立ち上がりトコトコと歩き出しました。いつもと変わった様子もなく歩いていたので、気に留めることもなく終わったのです。
ところが翌日もまた、同じように「キャイン!…」という悲鳴。。。
慌てて様子を見に行くと、ソラが右後足を上げてケンケン状態。どうやら右後足を着くことができない様子(>_<) 初めてのことでビックリ!しました。
でも暫らくして「ソラ、おいで...」と呼んだら、いつもと変わることなく普通に歩いた。この様子を見たとき「もしかして膝の皿が外れた!?」と直感...(TДT|||)

今まで膝の皿(膝蓋骨)が外れる子が居なかった我が家ですが、小型犬に多い疾患と聞いていました。
たまたま友人の愛犬に膝蓋骨脱臼の子がいて、様子が同じだったのでもしかしたら、、、と思ったのです(´`)=3

直ぐに病院へ行こうかとも考えましたが、ケンケンしたのは一瞬のことで、もう何もなかったように普通に歩いているし、どうしたものかと(・_・。))うーん もう少し様子をみることにしよう...
幸いなことに、このあと「キャイン!…」と鳴くこともなく、過ぎて行きました。

140205_a_sola04

暫らくして、ソラの耳が赤くなっていることに気付き、病院へ行く機会がありました。
耳掃除をして貰いながら、先生と雑談しているなかでソラのことを話してみた。
するとソラの足をちょっと触って、、、「緩いね...特に右が悪いね...」と、、、(TwT|||)ガーン
「そのうち治してあげるから~」って先生はおっしゃったけど、それってやっぱり膝蓋骨脱臼ってこと??

140205_a_sola05

家に戻り、膝蓋骨脱臼についてネットで情報を収集。
根本的な治療は外科手術しかないこと。またグレードによっては、保存療法で良好に管理する事ができるらしいことが書かれていた。
(保存療法…痛み止めの薬やサプリメント、レーザー治療などで痛みを緩和させる)
そう言えば先生は「治してあげるから~」って言ったけど、これって手術ということ??だって治すには外科手術しかないと書かれていたよぉ~(_ _|||)
ソラの症状は?グレードで言ったらどの位かな~? 今度、訊いてみよう...


(覚書き-2)つづく。。。



にほんブログ村 犬ブログ ラサアプソへ にほんブログ村 犬ブログ その他珍しい犬へ



カテゴリ:膝蓋骨脱臼(ソラ)

2014/02/05 Wed. 21:12 -edit- Trackback -- / Comment 0

△page top

« 覚書き-2(手術を決めるまで)
退院しました(*^^)v »

コメント

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。